2016/02/03 09:08

こんにちは、ベル・タンです。

ご無沙汰の更新になり、申し訳ございません。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日は、節分。
鬼は外!福は内!

そんな節分について調べてみました。

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。ウィキペディア参照。


今日が大晦日という表現がおもしろいですね!改めて心機一転頑張ります!

また、季節の変わり目ということは、春が近づいてきますね!

春と言えば辛い辛い花粉症。

辛くなる前に、『クランべりージュース』で、対策しませんか?